2005年09月13日

会社をとにかく『有名』にする方法

1)「とにかく」と言うことなら、手段を選ばない ^^;

ゆみぴー さんの「人道的にゆるされない悪事をはたらき続け、回りの非難を継続させることでしょう。非買運動されようが、有名にはなれると思います」とか

黒丸さんの「治験でデータ捏造」

rikki さんの「会社ぐるみで悪事を働く」・・・・・・など等。

それだけ、悪いことはしてはいけませんよ、という反面教師でした。


2)広告媒体を使う

ゆみぴーさんの「全国ネットのCM」、「恒久的な電車広告」・・・・・・など等。


3)企業イメージを上げる

黒丸さんの「環境保護」や「人権保護」などを率先して行い、それをきちんと公表していくという。製薬会社なら、天災の被災地に薬を無料で送る」とか

rikki さんの「管理職に占める女性の割合50%(従業員男女比も同様)、企業内保育所・男性の育児休暇率100%等、女性に優しく男性も優しい職場環境をつくる」
「コンスタントに新人を大量採用かつ教育待遇等もきちんとしてると学生の人気企業へのランクイン狙えるかも?」・・・・・・など等

上の1)と反対ですね。これがまた、なかなか伝わらない。「悪事千里を走る、良事門を出ず」ですね。


4)とりあえず、何か話題性を持たせる

かずさ2号さんの「びっくり箱をJR全線の駅に置き、社名を書く」

rikki さんの「その会社を舞台にした映画やドラマを作る」、「社歌を流行らせる」・・・・・・など等


5)正統派でせまるが、多分、大変

rikki さんの「ノーベル賞受賞者を輩出する」、「画期的新薬を作る」・・・・・・など等


以上のアイディアを「治験参加者募集キャンペーン」や「優秀な人材確保」、「競合他社とのコンペ」等に、アイディアを使ってみましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6859349

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。